猫になりたかった男の呟き

「人間」が苦手だと主張する「人間」が呟きます

掘り下がり切れない

いろは

「私って可愛いよね?」

 

ぬるお

「あー…俺達の姿って…」

 

ほへと

「馬鹿にしか見えない」

 

ぬるお

「その言い方だと俺達が馬鹿だと思われるだろ! 馬鹿な人間にしか見えないの!」

 

いろは

「普通の人間には布被ったお化けみたいに見えるらしい! べろべろばー!」

 

ぬるお

「お前らは子供だからいいけどさ 俺はちょっとな」

 

ほへと

「いいじゃん32歳!」

 

ぬるお

「実年齢を出すんじゃない!」

 

いろは

「ぬるおっさん!」

 

ぬるお

「嫌だそんなあだ名!」

 

いろは

「言い辛いから今のナシで」

 

ぬるお

「冷めんの早すぎる!」

 

いろは

「さて今回は私たちの細かい所を紹介してくよ! 大まかな紹介は最初の記事でやったとおり!」

 

ぬるお

「そうだよ俺の紹介途中で切りやがって」

 

いろは

「いあいぎりって強そうな名前の癖に戦闘面では使えないよね」

 

ぬるお

「いきなりポ○モンに切り替えるな!」

 

いろは

「私は話すのが好きなどこにでもいる普通の少女!」

 

ほへと

「というのは建前で?」

 

いろは

「この世の支配者を壊し新たなる世界を築く為の光に封印された哀れな犠牲者を弔う…」

 

ぬるお

「はいはいかっこつけたい年頃なんだよな」

 

いろは

「お墓の管理者の娘の来世の友達の彼氏の犬の糞を踏んだほへとを殺すいろはだよ!」

 

ぬるお

「ほぼ他人の果てに全く関係ない所に行きついたな!」

 

ほへと

「犬の糞なんて踏んでないよ!?」

 

いろは

「あれ? 間違えたかな?」

 

ぬるお

「ここまでの紹介が無駄に終わった所で なんか言っとかなきゃいけない事ってお前らあるか?」

 

ほへと

「はいはい! 僕は男です!」

 

ぬるお

「性別位俺たちの喋りで分かるだろ」

 

ほへと

「一人称でも察せるだろうけど一番紛らわしい呼び方してる子もいるからね! ねえにぃちゃん!」

 

「にぃ…紛らわしくないし…」

 

ほへと

「あっ にぃちゃん居たんだ」

 

「ほへとが話しかけてきたんでしょ…」

 

いろは

「にぃちゃんなのか兄ちゃんなのか そもそも私達血も心も繋がってないし!」

 

ぬるお

「心は繋げた方がいいと思うな」

 

いろは

「まあ思いついた設定はその都度記事にしていくんで」

 

ぬるお

「俺達の設定ってまだまだ後付けされていくんだろうな」

 

いろは

「後付けだらけの人生もいいんじゃない? それでは今日はこの辺で!」

 

「おやすみ…」

脳みそに対する好奇心

いろは

「として急だけど気になることがある」

 

ほへと

「いろはは好奇心旺盛だよ! その好奇心で多大な犠牲を払ったにも関わらず反省を全くしない問題児だよ!」

 

いろは

「その犠牲は大体お前だ!」

 

ぬるお

「ほへとが殺された! んで気になる事って?」

 

いろは

「脳みそってどんな味?」

 

ぬるお

「ああ…クレイジー…」

 

いろは

「どこかの国ではお猿さんのそれを食べるらしいけど 人間のってどんな味なのかなって」

 

ほへと

「まさか最後のオチに僕の脳みそ食べないよね?」

 

いろは

「ネタバレする子に哀れな死を!」

 

ぬるお

「ほへとがまた死んだ! 次に死ぬ予約を作って逝きやがった!」

 

いろは

「まずはイメージよ! 脳みそってぷりんっとしてピンク色だから多分いちご味なんだよ!」

 

ぬるお

「それはないな」

 

いろは

「じゃあにぃちゃんはどう思う?」

 

「にぃに振らないでよ…」

 

ほへと

「にぃちゃん居たんだ」

 

「居たよ…いつも居る…」

 

いろは

「数多の死骸を見たにぃちゃん! 流石に味見はしないだろうけどなんとなく想像付くんじゃない?」

 

「ん…苦いんじゃないかな…」

 

ぬるお

「にぃの方がまだ現実味あるかもな あっても困るテーマだが」

 

「最初は嫌々…口の上で転がす…だけど…何度もやられるうちに…愛の味がするようになって…」

 

いろは

「愛?」

 

「嫌なのに…無理やり…愛が広がって…」

 

いろは

「ストップストーーーップ!! それ違う奴! 脳みそじゃなくて白子だよそれ!」

 

ぬるお

「白子って結構ストレートな言い方だぞいろは!?」

 

ほへと

「ここで続報です にぃちゃんの初体験の相手はお父さんとの事」

 

いろは

「凄く要らないし凄く落ち込む追加情報ありがとう死ね!」

 

ぬるお

「ほへと再び死す! まあこれはほへとが悪い」

 

「脳みそ…腐ってたんだろうな…パパ…」

 

ほへと

「腐りし脳みそを白の味だね!」

 

いろは

「うまくないよ!? 何回死ぬ気!?」

 

ぬるお

「遂に加害者が困り始めた! ほへとはこの記事で5回の死を遂げようとしている!」

 

いろは

「にぃちゃんも泣き始めたしそろそろ実食と行こうか!」

 

ぬるお

「実食したところでお前に食レポなんて…にぃ引っ付くな動きづらい」

 

いろは

「確か鼻から吸えたよね まず穴開けてっと…」

 

ほへと

「いろは今更だけど残機はあるけど結構怖いし痛いんだからねこれ…んがっ」

 

ぬるお

「針が脳に到達したのか無事に死に…なあこれ実況しなきゃダメ? 結構えぐい事してないこれ?」

 

いろは

「イマサラ」

 

ぬるお

「ああ…いろは楽しんでるよ…」

 

いろは

「口を塞いで…一気に吸う!」

 

ほへと

「があがあがあ」

 

ぬるお

「いろはがほへとの鼻に口をつけて吸い始めた えげつないけど若干エロいな…」

 

いろは

「ん…まっず!?」

 

ぬるお

「だろうな!」

 

いろは

「うえ…酸っぱくて苦くて感じたこともない触感 ゼリーをふやかしてもっと柔らかくした感じ…舌触りも気持ち悪いし気持ち悪い温かさで…キモい」

 

ぬるお

「うわやめろよそれっぽく食レポすんなよ…結構酷い有様だけどこれでもほへと生き返んのか?」

 

ほへと

「んばば… いきあえるよ! おばぶはいふひ!」

 

ぬるお

「生き返ったけど馬鹿になってる!?」

 

いろは

「まあ何度も殺せば元通りになるでしょ」

 

ぬるお

「5回の死で済まなかったか あと何回死ぬんだほへとよ…」

 

「うぅ…今回の記事気持ち悪い…」

 

ぬるお

「確かにそうかもしれんがお前が言えた事じゃないと思う」

 

 

 

 

 

※この記事はフィクションです

滅んでも良しとする子供たちの紹介

いろは

「叫ぶ! 唄う! 全てを愛し全てを嫌う私の復活に! 崇め奉れ虫けら共~~~~~~~~~っっっ!!!」

 

ほへと

「いろはってそんなキャラだったっけ?」

 

ぬるお

「キャラに縛られない生き方をしてるからなこいつは」

 

いろは

「新しくなった私たち! 設定もより濃厚に! ねっとりに! ねっちょねっちょに練らねば!」

 

ぬるお

「言い方が汚い!」

 

いろは

「私は堕天せし天使であり神であり全てを破壊せし者!」

 

ぬるお

「雑で濃すぎる!」

 

いろは

「使い魔その1! ほへと!」

 

ほへと

「僕使い魔だったの!?」

 

いろは

「ワン○ップキノコを食べ過ぎて残機がカンストした食いしん坊少年! その大量の残機で哀れに死にまくった所を私が助けたげた!」

 

ぬるお

「ほへとって○リオの世界から来たの!?」

 

ほへと

「○リオは知らないけど 緑色のキノコは色んな所に生えてたから食べたなぁ」

 

ぬるお

「お前○リオだったのか…どーりで急に火の玉投げつけたり…」

 

ほへと

「しないよ!? 残機沢山あるだけだよ!?」

 

ぬるお

「その時点で普通じゃない」

 

いろは

「そして一切口利いてないそこの! にぃちゃん(♀)!」

 

ほへと

「にぃ居たんだ」

 

「居たよ…」

 

いろは

「口数が少ないにぃちゃん! そのナイスバディとナイスフェイスで幾多の男を殺した!」

 

ぬるお

「殺したの!?」

 

「いや…何もしてない…」

 

いろは

「本人は何もしてないのが怖いところ! 男達は勝手に争い! 勝手に死ぬ! 目の前の理不尽な死をただ見つめていた哀れなにぃちゃん! そこを私が仕方なく仕方なく救った!」

 

「仕方なかったなら救わなくても…」

 

いろは

「冗談はちぶさだけにしときなにぃちゃん!」

 

ほへと

「いろは嫉妬?」

 

いろは

「大いに死ぬがよい!」

 

ぬるお

「ほへとが殺された!?」

 

いろは

「私の未成熟ボッディの良さがわからぬ愚か者が! 需要はあるのだ主にロリk…」

 

ほへと

「ロリにしては微妙な年齢でしょ? 人としては14歳」

 

いろは

「うるさい死ね!」

 

ぬるお

「ほへとが度々殺された!?」

 

いろは

「残機はある! 何度でも殺せるサンドバックにほへと! 一家に一匹如何ですか!?」

 

「いらない」

 

ほへと

「それはそれでショック」

 

ぬるお

「しょげんな生きろ」

 

いろは

「ぬるおは謎の突っ込み役! 紹介は以上!」

 

ぬるお

「俺の紹介一番雑じゃない!?」

 

いろは

「そんな私たちが繰り広げる文字だけ台詞だけのお話! タイトルはまだないけど生き残るぞー!」

 

ぬるお

「生き残る?」

 

いろは

「世間の荒波に抗って! 私たちがここに居たという事を誰かの記憶に残す!」

 

ほへと

「おお…なんかかっこいい!」

 

いろは

「でも人類滅んだらどうでもよくなるよね!」

 

ぬるお

「ちょっと前に言った事を覆した!?」

 

いろは

「矛盾を愛し! 全てを創造し全てを滅ぼす滅びたガールのいろはです!」

 

ぬるお

「お前だけ2回自己紹介した 俺の説明雑な癖に2回も自己紹介した」

 

いろは

「そこまで言うなら自分で自己紹介しなよ」

 

ぬるお

「言われなくても! 俺は…

 

いろは ほへと

「「ではまた次回!」」

 

「おつかれ…」

 

ぬるお

「俺の扱い…」

夏はホラーで涼みたかったので

 夏なので、ホラーな事を妄想して涼もうと努力してますが上手くいかないらゐをふるです。怖いとは何か、どうすれば怖いと思うのかを考えて頭痛くなってそれどころじゃなくなるのです。怖いもの知らずなのです。嘘です。知らないから怖いものなのです。

 怖いってなんですかね。死ぬ事、驚く事、悲しい事、様々ではありますがやっぱり「死」に繋がることが「怖い」という感情を表すんじゃないかと思ってます。

 本人は死なずとも、死の象徴であり他人を怖がらせる存在がありますよね。「幽霊」と呼ばれている死んだはずの者です。これを信じるかどうかって話の話題としてよく挙がりますよね。自分は幽霊を信じ…てはいますが、信じられてない部分もあります。

 幽霊って生前に大きい未練の残る人がなると聞いてます。大きい未練とは一体…お皿が一枚足りなかったり? 人生を楽しめずに死んだ人とか幽霊になるのでしたら子供が主になるのでしょうか。子供の幽霊って色んな作品に描かれますし。

 しかし死んでしまった未練たらたらの子供なんて世の中に居ますかね? 居ますね。日本ではない国で、今も大量に亡くなってるのではないでしょうか。弔う暇もないくらいに。

 その全てが幽霊となるのでしたら、全世界に子供たちの幽霊が群がることになると思います。そこにもあそこにも幽霊がいることになってしまいます怖い。そんなに幽霊がいるわけない。居たら自分も憑りつかれてます。…いやもう憑りつかれてる? ここにいる自分は、実はどこかの国の子供で。日本の文化に慣れてしまってその事を忘れているだけ…? 自分がなんなのかわからなくなってきましたが、それもまた面白い。夏って楽しいですね。人生で100回未満しか味わえない夏を変な妄想で楽しんでいきます。

存在

 はじめまして!

 この「はじめまして」は一体、誰に向かって言ってるんだろうとなる時ってありますよね。この記事を読んでいる人なんて居ないっていう自虐ネタではないですよ。

 周りの存在を疑問に思う。という話です。もしや自分以外の人間なんて居ないんじゃないか。周りの人間共は機械で、この世界の一部。自分は特異的に生まれた反乱分子なんじゃないかとか。考えるだけで楽しくなってしまいます。

 もしくは、自分が偽りかも。この世界に自分は存在していなくて。本当の自分は白い部屋のベットで夢を見ているという事も。それも楽しいですね。

 世界があるのかも怪しいですね。実は何もないのかも。何もないのに何かあるって言い張る無益な世界なのかもしれません。たーのしー!

大人

 最近やっと大人になりました。なりたくもない大人になれました。大人への憧れを抱いたまま大人になれる人って居るんでしょうかね。らゐをふるです。

 

 大人になれば酒、たばこ、ギャンブルなどへの挑戦権がアンロックされて、さぞかし自由な人生が待っていると思っていた頃もありました。大人になれば異性と結ばれて新たな家族を作り、幸せな人生を送れると思っておりました。

 大人になってしまった今。アンロックされた項目に大きな魅力も感じず、異性とつるむのも面倒だなと思うように。下半身は子供のままで在り続けてしまうのでしょう。

 出来る事ならば子供の頃に戻りたい。戻って青春を繰り返したい。そんな無謀な野望を考えた時期は数知れず。でも戻った所でそこは、青春とは遠い引きこもりの子供時代。何も変わらない事に気づいてからは、不老不死にでもなれないかなと思いつつ生きています。

 残された人生。不毛な人生をあと50年くらい続くと考えると中々億劫ですね。だからといって自殺する気も早々できないだろうし。屑は無意味に生き続けます。無意味の先に何かあるかもしれませんもんね。お得意の妄想をしつつ意味無き時間を過ごします。意味無い事を楽しめる男はここに居ますよー

 なんか暗い文面になりましたが、自分は至ってポジティブな人間ですよ。明るい人間ですイエーイ。暗くて辛くて眩しい人生を夢見る大人って面白そうですよね。

あめに振られながら呟き

 雨に降られながら考えたこと。この雨一滴一滴が自分に当たる確率ってどれくらいなのかと。この広い広い世界で、ポツリと立っている人間めがけて雨が落ちてくる現象は奇跡なのではないか。

 仮に世界の広さが1億だとして、1にも満たそうにない人間に0.1にも満たさない雨粒が当たる確率はかんなり低いのじゃないかと。これがパチンコならどれくらい儲かるんだろう。奇跡の連続に立ち会えているのだと錯覚しておりました。

 疲れていたんでしょうね。一滴は0.1でも、0.1が1億どころか1兆以上が連続して振り続けているのですから、当たるのは当たり前だろうと。

 それに気づいて空を見上げて、鳥に白い液体を浴びせられてまた考えます。鳥が故意に浴びせてきたなら、こういうのを「遠隔」というのだろうと。